ディオラボ体験ツアー

ディオラボトップページ / ディオラボ体験ツアー


ようこそ!ディオラボ体験ツアーへ

ディオラボ体験ツアーは5種類の音の響きが体験できる防音堂だけの体験ツアーです。

私たちの一番のこだわり音の響きを体感していただけるメニューと、遮音性能の異なる三つの防音室の見学・体験が同時にできる約一時間ほどのツアーです。
大阪府豊中市のモデルルームで、早朝深夜問わず24時間365日体験していただけます。

よくある商業ビルの中にあるモデルルームと違い一般民家ですので、実際に防音室を設置されたときのイメージを持ちながら体験していただくことができます。

もちろん近隣への音漏れもしっかり確認していただけます。

可能であれば、ご自身の楽器をご持参ください。

持ち運びできない楽器の場合でも、どうぞご安心ください。
シンプルな弦楽器ウクレレでおためしいただきます。

このツアーは音響専門の設計士がご案内させていただきます。
ご不明な点やご質問など、どうぞご遠慮なくその場でご確認くださいませ。

設計士・片山です

この体験ツアーはディオラボをご注文いただく皆さまに必ずお願いしております
ディオラボは内装やサイズはもちろん、室内の音の響きも自由にオーダーできるオーダーメイドユニット防音室です。
そのため、この体験ツアーはディオラボをご注文いただく皆さまに必ずお願いしております

● 一番気になる音漏れをご確認ください。

● 一番大切な耳にツラくないお好みの響きかどうかを体験してください。

 

▼体験モデルルームの場所はこちら

▼どんなモデルルームか見てみる

 

 

1.5帖 Dr30 ユニットタイプ

オリジナルの音響パネルを取り換えながら5種類の音の響き(いつつの音)を体験していただきます。
耳が新鮮なうちに体験していただきたい思いから、ツアーの最初のメニューとさせていただいております。

自分の好きな響きがよくわからない。。。

お部屋の響きをなんとかしたい!

そういった方にも、ぜひご体験いただけるとうれしいです。

 

1.5帖で体験するのはどうして?
狭いスペースでの音の響きの処理はとても高度な技術と知識、そして経験が必要です。
そのため、あえて1.5帖の防音室で音の響きを確認していただいております。

狭い空間での音の響きの処理がここまで可能ということ

自分好みの響きをしっかり確認できるということ

それを実感していただくためです。

実際にご注文いただく防音室とサイズが違っても大丈夫です。
同じ響きをお作りできますので、どうぞご安心ください。

 

ひとつめの音

サウンドチューニングパネルを配置した音です。

吸音材をまったく使用せずに響きを調整できるオリジナルの音響アテムです。
原音をそのまま耳に届ける目的で作られていますので、中にはその楽器の原音が耳に痛いとおっしゃる方もおられます。
そんな場合は、どうぞご遠慮なくお知らせください。

耳は人それぞれ、響きの好みも人それぞれです。

充分に響きの確認をしていただけたら、次はふたつめの音です。

ふたつめの音

防音室にはよく採用される吸音材を使用した吸音パネルを配置した場合です。

金管楽器などの場合は、この吸音パネルを好まれる方も多くいらっしゃいます。
普段の練習で高音域が少し耳にツライとおっしゃる場合には、心地よく感じられるかもしれません。

耳は人それぞれ、響きの好みも人それぞれです。

ここでも充分に響きの確認をしていただけたら、次はみっつめの音です。

みっつめの音

今度は、サウンドチューニングパネル吸音パネルのミックスです。

原音をそのまま生かすパネルと、少し吸音するパネルの組み合わせは、また少し違った響きに聞こえるでしょうか?

耳は人それぞれ、響きの好みも人それぞれです。

そして、よっつめの音です。

よっつめの音

よっつめは、2019年夏に発売されたばかりの新型チューニングパネルSTPAを設置したパターンです。

突如、防音室に出現した「謎の電柱」は、ルックス的にインパクトがあって存在感バツグンなのですが、実はとってもやさしいキャラクターです。

高音域を少しだけマイルドにしてくれますので、キンキンする音が耳にツライとおっしゃる方には心地よく感じられるかもしれません。

とにかく、一度ご体験いただき率直な感想をお聞かせいただけるとうれしいです。

耳は人それぞれ、響きの好みも人それぞれです。

そして最後、いつつめの音です。

いつつめの音

最後は、サウンドチューニングパネルも吸音パネルもすべて取り外してしまいます。

いわゆる普通のお部屋の状態です。
1.5帖の大きさですので、少し大きめのトイレといった感じでしょうか。

音響パネルをまったく配置しないときの響きをお確かめください。

耳は人それぞれ、響きの好みも人それぞれです。
「いつつめが好き」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
「正直よく違いがわからない」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

いつつ全部の体験が終われば、どの響きが一番お好みだったのかお知らせください。

音漏れの確認

いつつの音の体験の後は、一番気になる音漏れの体験です。

ディオラボのユニットタイプは30デシベル下げる性能のDr30をスタンダードとして採用しています。
防音ドアを閉めると話し声程度の音量に下がります。

1.5帖のユニットタイプで、どれくらい音が漏れ聞こえているのかをご確認ください。

 

3帖 Dr35 庭置きフリータイプ

このお部屋ではアップライトピアノでオリジナル音響アイテムSTPQとSTPRを体感していただきます。

設置されている場合と、取り除いた場合で音の響きの違いを体験してみてください。

遮音性能は、先ほどの1.5帖よりも5デシベル高くなっていますので、音の漏れ具合もぜひご確認ください。

雑音を吸収してくれるSTPQ

反射によって音の方向性を変えてくれるSTPR

 

6帖 Dr40 お部屋全体フリータイプ

このお部屋はバンドアンサンブル仕様で、遮音性能も40デシベル下げるDr40を採用しています。

生ドラムを叩いて100デシベル以上の音を出しますので、外部への音漏れ具合をご確認ください。

玄関の外でどれくらい漏れ聞こえるのかをご確認いただくと、「これなら夜間の練習もできるかも!」と思っていただけるはずです。


 

ディオラボ体験ツアーいかがでしたか?
こんな体験はじめて!」と思っていただけるとうれしいです。

皆さまのお申し込みをスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 おすすめページ

設計士・片山浩之にラインで無料相談してみませんか?

友だち追加

ラインなら聞きたいときにすぐ聞ける!

防音のこと、音響のこと、楽器のこと、お困りのことや、ご不安なこと、なんでもお気軽にご相談くださいませ♪

もちろん、メールやお電話でもお気軽にどうぞ^^