「楽しい」は伝染する♪改めて音楽の楽しさを教えてくれた石田長生さんを偲ぶ

【石田長生さん】

間近で演奏を見たミュージシャンです。

京阪電車の光善寺駅の近くの佐田公民館でした。
馬呆(BAHO)でブレークした後である。

何でこんな所で?

共演は有山じゅんじさん。

入場料1000円。
安すぎる。

 

結論から言うと本当に良いコンサートであった。
面白く、演奏を楽しめた。

関西を代表する二人。

 

有山さんとはその後、ギタークリニックで再会し、有山さんのCDにサインをしてもらう。
握手もしてもらえる。

大変あたたかい人だった。

 

肩の力が抜け、歌と演奏を楽しませてもらえた。
ギャグも面白い。

実力もさることながら、人間性で馬呆が誕生したのでは?と思える。
チャー氏が石田氏の死後「漫才は石やんとしかやらない。」と発言したのもうなずける。

 

間近で見ていたのでわかったが、石田氏は指が長い。
小指が良く動く。
コードソロもお手の物。

チャーさんとは違う個性のギタリスト。
良いパートナーだったと思う。

ステージで、「今度、八尾の市会議員に立候補しようと思いますねん。」とMC。
大拍手である。

 

馬呆で、チャーさんが2・4・6弦のみ、石田氏が1・3・5弦の、それぞれが3弦ギター。

二人で一人の曲を弾く。
面白い発想だが、難しすぎる。

微笑ましいステージだった。

チャーさんを単独で見た事はあったが、馬呆ほどの笑いはなかった。

 

お亡くなりになった。

良い人であり、良いギタリストでした。

 

「防音堂からのお知らせ」

★ホームページ リニューアル キャンペーン開催中! 4/30(火)まで

防音室ディオラボ体験+ご契約で超うれしいお得なキャンペーンです。
この機会にぜひご検討くださいませ^^

★設計士・片山浩之にラインで無料相談してみませんか?

ラインだから聞きたいときにすぐ聞ける!
防音のこと、音響のこと、楽器のこと、お困りのことや、ご不安なこと、なんでもお気軽にご相談くださいませ^^

>> メールでのご相談はこちらから