美味なハモリのホテルカリフォルニアはリードギタリストのための曲だった?!

ホテル・カリフォルニア

知らない人はいないであろうイーグルスの名曲。

曲としては普通と思う。
しかし、ギター曲としてバンドとして「これがギターを弾くバンドの曲やでー」 と、胸を張って作った曲と思う。

 

印象的な12弦のイントロ、静かに裏メロに絡むジョー・ウォルシュ(多分)。

いきなりリズムが変わり、曲に突入。

一番のサビでのオブリはジョー・ウォルシュ。
コードを絡めた渋いオブリ。

2番では多分ドン・フェルダー。
ピッキングハーモニクスを取り入れた芸の細かさ(これが難しい!!)。

再度12弦の伴奏でムードを変え、この曲のもうひとつの顔であるギターソロ。
フェルダーは「一世一代の名演じゃー」 と、言ったそうな。
おそらく彼が全体を仕切りまくったのではないか?

 

最初から最後まで作り込んだであろうギターソロ。
フレーズごとのアイデアも申し分ない。

フェルダーのソロを引き継ぎ、ノーマルに近いジョー・ウォルシュのソロ。
そしてハイライトのツインギターのハモリ

ライブビデオでは嬉しそうに笑顔を見せながらハモリを弾く二人。
対照的にバッキングに徹する他のメンバー達。

ある意味リードギタリストのための曲なのかもしれない。
(それも優秀なリズム隊があってこそ。)

 

長いギターソロを聞くためだけに聞いても良いと思える曲で、ラジオでは放送時間の関係かソロが途中で切られてしまう事がしばしば。
損した気分になった事が何度かである。

おそらくギターのアンサンブルだから、これだけの魅力ある曲になったのでは、と思う。

 

 

片山青年をロックに目覚めさせたレスポールの大御所、ジミー・ペイジの意外な側面とは?

【ジミー・ペイジ】 世界三大ギタリストの一人、ジミー・ペイジ。 巷では「ヘタウマ」などと言われるのも聞こえてくるが、歴史 続きを読む →

設計士片山のソウルを震わせた「天国への階段」は、まさに王者の真価を見せつける一曲だった。

天国への階段 私はこの世で最高の曲を一曲と言われたら迷わず、この「天国への階段」とします。 名曲中の名曲、永遠の名曲です 続きを読む →

体感に優るものなし。常に沈着冷静な設計士片山が自分を見失なったジェフ・ベックのステージ

感動したコンサートは何度もあった。 すごかったコンサートもある。 しかしながら音に圧倒され、音のみに聞きほれたコンサート 続きを読む →