2020年 あけましておめでとうございます

【今日まで、そして明日から】

2019年12月5日で防音堂は6年目に突入しました。

石の上にも三年とは良く言われる事。
実はあまり感慨はない。

永遠に続くとは思ってないが、このまま長く続ければ良いなと思っています。

 

初期メンバーと現在は若干違う。
思えば人には恵まれてきたなと思う。

現スタッフの矢野は、私に独立を勧めてくれたリバイブギターズ初代店長の故矢野雄次氏の奥様である。
矢野氏がいなかったら防音堂はこの世に誕生しなかった。
そして、全国でも類を見ないショールームもあり得なかった。

東京支店(?)の責任者の加藤は元々は防音室ユーザー。
彼は教室として防音室を使用していた。
教室を大きくしたいとの発想が東京ショールームを作るきっかけとなった。
最初に加藤宅に防音室を納めた時は、まさかこんな展開になるとは思いもしなかった。

STPWや防音ドアを作ってくれる和田とは20年来の付き合い。
施工リーダーとして活躍する林とも10年以上。
内装担当の富山ともそれくらいになる。

 

所持金5万円でスタートした防音堂だ。
人に助けられなかったら今の私はない。

運命・宿命とは面白くもあり不思議でもある。
こんな未来があるとは、である。

おそらく、今の環境を手に入れなかったらサウンドチューニングパネルは誕生しなかっただろう。

 

防音堂を立ち上げるまでは、様々な建築関係で働き色々な人を見てきた。
嫌な部分は防音堂には取り入れたくなかった。

私の理想に思う人間関係のチームが防音堂である。

名義上私が社長である。
私も防音室ディオラボを作る歯車の一つにしかすぎない。

他のスタッフと立場が違うのは、責任取る事・決断する事だけである。
それ以外は平等だ。
ちなみに時給は私が一番安い。

 

さてこれからどうするか。。。

継続するのみである。
使命であるサウンドチューニングパネルを開発して行くことである。
私は防音堂を立ち上げて一番の勲章はサウンドチューニングパネルを作れた事と思っている。

そして、今の人間関係を継続して行くことである。
人は財産だ。

理想のスタッフに恵まれた自分は幸せだ。

 

設計士・片山浩之にラインで無料相談してみませんか?

友だち追加

ラインなら聞きたいときにすぐ聞ける!

防音のこと、音響のこと、楽器のこと、お困りのことや、ご不安なこと、なんでもお気軽にご相談くださいませ♪

もちろん、メールやお電話でもお気軽にどうぞ^^