見てるだけでしあわせになれる?片山の導火線に火を点けたエディの笑顔

エディー・ヴァン・ヘイレン

現在も最高峰のギタリスト、ノーベル賞に値する唯一の存在がエディーと私は思っている。

彼が与えた衝撃、後世に残した影響など、三大ギタリストとはまた次元の違った天才。
彼がいなかったら、現在のギターシーンは間違いなく変わったものになったと断言出来る。

 

ギター

一番初期の初来日の時の白黒のテープを貼ったようなギター。
その後、赤白黒に変わり奇抜そのもののルックス。

見た目以外に、リアピックアップのみワンヴォリューム。

※専門家がワンピックアップの利点などを述べる。
似たようなギターが流行る。
本人は単純に「配線が分からなかった」らしい。

※最近は本人のカスタムギターで、まともなルックスのを弾いてるが、あのルックスを復活してほしい。

 

テクニック

現在ではタッピング。
当時はライトハンド奏法
これが流行りまくる。

ソロには必ずタッピングを取り入れた日本の某ロックギタリスト。
あの時代のほとんどのギタリストがこぞって真似をした。

※以前は一音だけ出す”タッチ”というテクニックがあったが、ここまでポピュラーにしたのはエディーの功績。
著作権料をもらっても良いほどの功績と、私は思う。

ハーモニクスポイントで弾き出すタッピングによるハーモニクス。
自作?の台を使った両手によるタッピング。
GITで必須になったらしいハミングバードピッキング。

ディレイとボリューム奏法とタッピングを駆使した、ギターと思えない音を出す奏法。
(ナイト・レンジャーの曲に似たようなイントロがあったような?)

ハーモニクスとアームを使用した馬のいななきのような効果音。
フロイドローズならではの音程変化を上手く使用した好例。

タッピングだけで言えばエディーの前で披露して良いのは、ジェフ・ワトソンのエイトフィンガー。
それと、マイケル・アンジェロの両手タッピング(超変態、いや超絶技巧)くらいか?

 

ものすごく頭の柔らかいギタリスト。
会った事もないが、子供みたいな感性をもった人物ではないかと思えてしまう。

ニコニコしながらギターを弾く様は、本当にギターが好きなのだと思え、それだけで幸せになれる
(同じように嬉しそうに演奏する野村義男氏に共感。)

今でも私の大好きなギタリストです。