お客様に喜んでいただける良い仕事をするための防音堂のポリシーとは?

私は楽器メーカーを退職の後 10年ほど建築業界で働き、その後「防音堂」を立ち上げ現在に至ります。
建築業界で新築・リフォームなど様々な経験をした事が、とても貴重な財産となっています。

 

建築業界でもっとも嫌だった事は「下請け」です。
元請けがいて、その下に下請け、さらにその下に下請けと続く。

下請けから順番にそれぞれ利益を載せていくので、結果としてお客様に跳ね返る事になります。
それはある意味仕方のない部分かもしれませんが、たまらなく嫌でした。

10万円の仕事が倍近くの金額になる事など、我慢出来ない事でした。

一流の職人だと日当もそれなりの金額になるため、五流の職人となり。
それは一般人には分からない現実。

元請けによっては下請けに対するリスペクトなどなく、年上の技術ある良識のある人を呼び捨てなど。
許しがたい事でした。

下請けは、何とか利益を出すため取引先には値引き攻勢。

これでは良い仕事など出来るわけがありません。

 

防音堂では過去、下請けの話しが来た事もありますが全て断ってきました。
お客様と直接話し、直接に契約以外の仕事はしない事にしています。

設計が主な私の仕事、作る人、現場で組み立てる人、配送する人、エアコンを取り付けてくれる人。
それぞれの仕事をしてくれる人々により防音室は出来上がります。

その人たちにリスペクトと感謝を払います。
パートナーであり「仲間と思っています。

ギャラは決してケチらず、たまには皆で食事などして良い雰囲気を保っています。

防音堂では元請けも下請けも存在しません。
責任者が私である事だけです。

少しだけ潤い、最大限の努力をしてお客様にリーズナブルで良い音楽室を提供したいと思っています。

人がやることです。
現場での事故は皆無ではなく起こりうる事と考えています。
そこでの事故の責任は全て私にあると認識しています。

 

志のある人と今後もめぐり逢い、仲間を増やして行きたいと思います。