Morrieさん、もう一度魅せてください!超強烈な個性の集合体デッドエンドの魅力

【デッドエンド】

このバンド、曲も強烈でメンバーも強烈だった。

元祖ヴィジュアル系かどうかは分からないが、手数の多いドラム。
存在感のありすぎるヴォーカル。
割と高い音域を弾く、一番メタル然としたベース。
太い音色でスケールに特徴のあるギター。

アンダーグラウンドであったが個性のありすぎるバンドだった。

 

ギターの足立祐二氏。
グレコのギターを弾いていた事もあるようだが、ストラトを持つ姿が印象的で雑誌では『アームは無用の長物』発言があったが、ビデオではアームを良く使用していた。
時折見せるトリッキーなプレイと個性的なフレーズの数々。
太いストラトの音色。

独特の歌詞とメロディー。
ロックのヴォーカリストになるべくしてなったとしか思えないMorrie。
きつく怖い顔の持ち主である。
正しくバンドの顔だ。

ビデオもバンドの個性を考えてかステージ以外の映像を挟み、飽きる事のないバンドだった。

一度解散し、再結成し、また現在は休止状態。
もう一度見せてほしい。

足立祐二氏は一時期パシフィカを構え、耳を悪くしてギターの講師をしていたと聞く。
今でもそうなのだろうか?

大音量はやはり耳には良くありません。

 

設計士・片山浩之にラインで無料相談してみませんか?

友だち追加

ラインなら聞きたいときにすぐ聞ける!

防音のこと、音響のこと、楽器のこと、お困りのことや、ご不安なこと、なんでもお気軽にご相談くださいませ♪

もちろん、メールやお電話でもお気軽にどうぞ^^