暗黒の闇にはびこるのギャングたちとその親分に戦いを挑むソロ戦士・片山の苦悩

【日本建築学会】

結果のみより物を言う。
批判である。

ホールダウン金物という木造建築では当たり前の金物が、なぜ阪神大震災前になかったのか?
震災があって後、誕生したようにしか思えない。
もし震災前にあれば、倒壊した家屋は明らかに少なかったと思う。

 

この国は何か事が起こらない限り動かない。
未だに防音の世界では何の基準もない。
悪さのし放題である。

重要な性能は自社測定値でまかり通りぃの、建築法規で明確な定めもなく、名前ばかりの学会は無数にありぃのと。。。
この国が音楽する人を守る意思を感じられない。

 

数ある防音メーカーの、どれが優良であるかが一般人には不透明な世界
あたかも建築士が防音出来るかのうような錯覚をも起こさせ、『低価格、高遮音』のキャッチフレーズで人を騙す不良業者が暗躍している現状である。

音楽を愛する人の味方になろうという意思を持ち、真剣に動こうとしているメーカーを見出す事が出来ない。
志のある仲間を増やそうと、真剣に考えているメーカーは当社くらいであろうと思えてしまう。

 

明言しよう。

真剣に接してくれれば、ノウハウは全て公表しよう。

体験する場所も提供しよう。

日本中どこでも必要とされれば出向こう。

本気で今の状況を変えたい。

どうすれば腐った防音業界の一部を変える事が出来るか、誰か教えてほしい。

一緒に戦える仲間を増やしていきたい。

 

 


 

事業者さまへのご案内はこちらから

072-380-2755

※メール受信設定のお願い
bouondow@zeus.eonet.ne.jpよりメールでご連絡させていただきます。
必ず受信できる設定をお願いいたします。

 


 

設計士・片山浩之にラインで無料相談してみませんか?

友だち追加

ラインなら聞きたいときにすぐ聞ける!

防音のこと、音響のこと、楽器のこと、お困りのことや、ご不安なこと、なんでもお気軽にご相談くださいませ♪

もちろん、メールやお電話でもお気軽にどうぞ^^