つのだひろのブラッキーボーカル×成毛滋の心に沁みわたるソロ=純国産メリー・ジェーン

【メリー・ジェーン】

高校生の頃、深夜放送を聞く習慣があった。
山陽放送の深夜ラジオ。

つのだひろ氏の”メリー・ジェーン”。
「あーいい曲だなー。」と、初めて聞いた感想。

しかしどう聞いても日本の日本人によるボーカルの曲と思えない。
黒っぽいボーカル
バラードの佳作である。

 

当時はレコードの時代。

450円だったか?
メリー・ジェーンのレコードを買ってしまう。
作詞 『クリストファー・リン』
「やはりなー。」

でも実は、彼も日本人でペンネーム。
なんと100%国産であった。

 

ボーカルにも強く惹かれた。
曲の良さにもゾッコンだった。

印象的なのがギターソロ。
当時は知る事もなかった成毛滋氏の演奏。

技工を駆使したソロではなく、心に染み渡るソロ
ソロのお手本のような起承転結のあるソロ。
ボーカルから自然に引き継ぎ、そして自然にボーカルに渡す。
音色といい、構成といい、完成度が高すぎる。

TVで見たのか記憶が定かでないが、つのだ氏のツアーギタリストが 「この曲だけはいじれない。原曲どおりのソロしか弾けない。」と。
まさしく名演である。

 

毎日聴きたいとは思わないが、たまに聴きたくなる曲です。

そして、ものすごくたまにカラオケで唄う私の数少ないレパートリーです。