【日記】ピンチはチャンス!生き残るには自分で自分を守るしかない!

今月の10日より東京におります。

正直なところ、行くのはすこし怖かった。
しかしコロナは大阪でも猛威を奮っており、考えてみたら大阪から東京に行くことはそれほど大したことはない。

コロナにかからないように出来る対策、マスクと手袋と3密。
手洗いとうがい。
そして、罹ったとしてもそれに対抗出来るだけの体力を持っていれば良いのだと思う。

感染者の2割が深刻な状態になるらしい。
となれば私は体力を備える。
かかったと分からないぐらいに健康な状態に持って行きたい。

あいにく出張中のため普段の生活は望むべくもない。
出来ることは「良く食べて、良く寝る」である。

お客様には申し訳ありませんです。
以前は出張中でも夜には仕事をしておりました。
そして翌朝から現場。

今は本当に体調管理が重要と思う。

無理して仕事はしない。
大阪に帰ってから案件には着手する。
無理して自分が倒れたらこれは馬鹿者だ。

無事に大阪に帰る。
そして決まった仕事はこなす。
決して命はかけない。
無理して体調を崩してまで仕事をする必要はないのだ。
命あっての物種である。

考えてみればコロナはどうしようもない現実だ。
注意して用心して生きるしかない。
注意して用心して体力を持っていけばなんとかなる?かと思う。

 

職業上、外に出ないといけない。
新幹線にも乗らないといけない。
プライベートでは外出自粛は守る。
でもテレワークなど出来る職種ではない。
私だけでない。
外出しないと出来ない職種の人がほとんどなのだ。

当たり前だが自分で自分を守るしかないではないか。

すなわち、真面目に慎ましやかに節度と良識を持って仕事と生活をしていけば、生き残れるのでは?と思ってしまう。

正直なところ私はワーカホリックである。
かなりの無茶苦茶な生活を送っている?いたである。

まだまだ仕事をしたい。
続けたい。
だから今回のコロナを教訓に、良い方に取り、まともな生活をしろという戒めとコロナを捉えたい。
(良い方にとらえるのだ。今回のコロナがなかったら相変わらずの不健康な日常を繰り返していたかもしれない私なのだ。)

※このブログは4時間寝て、入浴、しばしの休息の後に書いてます。
出張中だけど部屋で食事しているので寝る時間がなんと20時頃なのです。

まだ現場に行くまで時間がある。
もう少し寝よう。

4時間睡眠とはそろそろおさらばする良いチャンスかもしれない。

 

 

設計士・片山浩之にラインで無料相談してみませんか?

友だち追加

ラインなら聞きたいときにすぐ聞ける!

防音のこと、音響のこと、楽器のこと、お困りのことや、ご不安なこと、なんでもお気軽にご相談くださいませ♪

もちろん、メールやお電話でもお気軽にどうぞ^^