レオ・フェンダーさん、ありがとう!手軽に改造が楽しめる王道のエレキギターといえば?

人類が生んだ最高の発明品の一つがエレキギターと私は思います。

そしてレオ・フェンダーがいなければ誕生しなかったストラトキャスター。
傑作中の傑作ギターです。
エレキギターのスタンダードとして完成されたギターです。
モッキンバードもキラーもストラトがベースではないでしょうか?

ピックアップなどの改造のしやすさ、手軽にネックを交換出来る。
コンター加工のおかげで体に馴染むフォルム。
コントロールしやすい位置のボリュームやセレクターなど。
機能美の極地のギターと思います。

その前に発表した「テレキャスター」、巷では所詮はラジオ屋が作ったギターと言われたそうです。
※テレキャスターの魔術師ロイ・ブキャナン、良かったなー

 

そして、ストラトといえば昔リッチー(ブラックモア)、今(?)インギー。
他にもチャーやらクラプトン、加納秀人、ベックなどなど。
ノーマルなストラトだけでなく、ストラトをベースにしたギターを使っていないギタリストがいないほどヒットしたギターと思います。

 

私が昔、フェルナンデスのストラトモデルに施した改造です。
注:電気関係は友人の電気屋さんに依頼しました。ギャラは食事代。

サスティンを稼ぐためネックとボディーは糊付けで、ビスを太いものに変え締め付け、ボディとネックの接合を強度にした。
⇒効果があったかどうかは?

アームは使わないから、アームを外し、ブリッジに穴を空けビスでボディに固定。
サスティンを稼ぐためサスティンを稼ぐため。
⇒効果はややあったような。

スプリングの鳴りがやかましいので、スプリングに綿を詰める。
⇒音がすっきりして気に入る。

センターピックアップのボリュームコントロールを設ける。
コントロールはマスターボリューム、マスタートーン、センターボリューム。

セレクターを5点から3点に変える。
これによりフロント時にセンターボリュームを回すとハーフトーンが出せる。
セレクターを真ん中にすると、センターボリュームを絞るとフロント+リア、ボリュームを上げるとフロント+センター+リアとなる。
⇒コントロールがかなり難しい。でも面白い試しみであったと思う。

 

今は手元にはなく弾くこともないが、一番良く弾いていたギターでした。
ストラトは良いギターと思います。

 

「防音堂からのお知らせ」

★ホームページ リニューアル キャンペーンは4/30(火)で終了しました

皆さまからたくさんのお申込みをいただき、誠にありがとうございました!
次回も皆さまによろこんでいただけるキャンペーンを予定しております。お楽しみに^^♪

★設計士・片山浩之にラインで無料相談してみませんか?

ラインだから聞きたいときにすぐ聞ける!
防音のこと、音響のこと、楽器のこと、お困りのことや、ご不安なこと、なんでもお気軽にご相談くださいませ^^

>> メールでのご相談はこちらから