「防音室の音響作りはお客様との共同作業」あの時とことん鍛えられた設計士・片山のサウンドデザインのルーツとは?

【U氏】

この人に出会わなかったら、サウンドデザインを考えることも無かったかもしれない。
まだ私がメーカーに居て、そのメーカーの防音室の設計に携わっていた時の話しです。

 

30年前だったか?

今や無くなってしまったが”フェリオ”という、カラオケとホームシアターと音響設備とピアノの音楽室を組み合わせた仕事が来た。
当時、”オーディオビジュアル・コーディネーター”なる肩書の私が、途中参加でチームに合流した。

 

現在は、残念ながら経営不振で潰れてしまったが、当時珍しかったDSPとDSRを駆使し、ミキサーと組み合わせカラオケ機器を接合し、更にSSPなる設備も導入し室内音響もコントロールするなど、当時としは画期的な仕事をさせてもらった。

※なんで私に白羽の矢が立ったかというと、オーディオビジュアルと防音に多少明るく、少し変な人物が当時の私だったからと思う。
電気にも建築にも今ほど詳しくなかった時代の話しでございます。

 

 

出会い

酒飲みで社交家のU氏(ええ格好しぃ)が、音響の調整に来ていた私とフェリオで偶然出会い、名刺交換を施した。
「自宅に遊びにおいで~」との甘言でU氏宅におじゃまする。

※一見良い人だった。
U氏はヴァイオリニストで音大講師、ソロコンサートもするヴァイオリニストで音楽家としてはそこそこの人だった。

 

自宅のレッスン室でヴァイオリンを弾くU氏。

「気に入ってないんやわ、この部屋。」

「もっと宝石の転がるような音が欲しいんよ。」

 

宝石が転がるような音???*?

それは一体なんなのだ?

 

 

U氏は嫌なヤツだった。

自分の都合最優先だった。
なにしろ、私の予定が入っているにもかかわらず、「この日、この時間に来い!」などと平気でいう輩だった。

おそらくU氏は誤解されやすい人だったと今では思う。

音楽に純粋な人だったのではないか?
音楽に純粋なあまり、他の常識面が欠如していたと思われる。

 

フェリオの音が気に入られたのである。
その音を自宅で再現してほしかったのである。

無理だ。

20帖以上あったフェリオと、6帖で物だらけのU氏の部屋と同じに出来る訳がない。

 

私 「無理です。」

U氏怒る。

「〇〇に勤めていて防音を専門やのに出来へんのかっ!大したことないのー!!」

ものすごく失礼な物言いである。

30代半ばの私は若すぎた。

怒りを隠せず、「何とかしますわー

 

思えば、男の頭の中は18歳から進歩していない。
おそらく男は永遠にアホである。

一応、世間では分別のある大人同士にもかかわらず、U氏とはまるで子供みたいな口喧嘩をしてしまった。

 

その後も時間の関係なく何度も何度もU氏の家を訪れる。

何度も工事を繰りかえす。
(今の私には難しい。バックに会社があったから出来た。)

 

結局わかった事は、音の減衰の処理だった。

なんとなくわかった。
今から思えば簡単な事だった。

雑然としたU氏の部屋を片付けて、少し音響処理をしただけで解決したのである。

 

全ての仕事が終了したあとワインで乾杯し、私の両手を握りしめ「ありがとう!」と、U氏から言われた。

U氏には鍛えられたのである。
とことん鍛えられた。

 

 

回想

今では決して出来ないが、一応の工事が終わった後も何度も電話があった。

当時携帯電話は普及しておらず、会社の電話が鳴るたびに身がすくんだ。
ひどい時は1日に数回である。

 

本当にどうして良いか分からなかった。
事態を重くみた本社からもサポートがあり同行を繰り返すが、U氏の満足が得られない。

普通の人なら妥協するところをU氏はあきらめない。

私といえばまわりも既にさじを投げ、会社からも”もう放っとけ”である。

 

U氏の恐ろしいところは、私の自宅を突き止め自宅に電話をしてきた事である。

私は怒りを爆発させ、好きな事を言い放題で語る。
(これも許される事ではない。)

数分後、嗚咽混じりに「助けてほしい。」とのU氏の言葉。
既に工事が終わり引き渡しも終わっていた。

”音楽にひたすら純粋すぎて、他の常識が欠如してしまった人”と、少しだけU氏の事を理解した。

 

ルドルフ・シェンカーは曰く、怒った事がないそうである。
その人の事を分かろうと思い、話していけば友達になれるらしい。

私はそこまで人間が出来ていない。
単純である。
すぐに感情的になる。

 

 

音響作り

少しだけ利益があれば仕事しようかと思う。
今は興味がありすぎて、お客様の音に対する希望を聞きたいのです。

「普通の音にして下さい。」とおっしゃったピアノのお客様。

普通の音ってなんなんだ?

 

東京スタッフの加藤は一緒に音を作ったにもかかわらず、Cスタジオの音響に不満をもらす。

ピアノの位置を変えただけで、「あー、バッチリです。」

ん?

 

大げさだが、勤め人のころ命を削る思いで施したサウンドデザインのN様。
(有名なコンクールで賞を得た。今でも懇意にさせて頂いている。)

※命を削るとか命をかけるなどと仕事で言ってはいけない。軽すぎる。
重い言葉を使ってはいけない。
⇒しかしながら徹夜を繰り返した時は、『ひょっとしたら命を削るってこれかな?』と思った。

 

話し合うしかない。
人の心の中は分からない。

音は持って行く事が出来ない。
体験に来て頂き感想を聞き、音を考えるしかない。

 

音響作りの基本は話し合いです。
体験です。

そこから、お客様のほしい音を考えるしか無いと思います。

 

私は鈍感です。
想像力を駆使するしかないのです。

音響作りは私とチームカタヤマ、そしてお客様との共同作業です。

「防音堂からのお知らせ」

★ホームページ リニューアル キャンペーンは4/30(火)で終了しました

皆さまからたくさんのお申込みをいただき、誠にありがとうございました!
次回も皆さまによろこんでいただけるキャンペーンを予定しております。お楽しみに^^♪

★設計士・片山浩之にラインで無料相談してみませんか?

ラインだから聞きたいときにすぐ聞ける!
防音のこと、音響のこと、楽器のこと、お困りのことや、ご不安なこと、なんでもお気軽にご相談くださいませ^^

>> メールでのご相談はこちらから